2017.04 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 



小さな書展。

二条城の近くにある画廊で書展が開かれます~
来てくださいね~♪と、
お習字仲間でもあるあけちゃんからの案内状が届いた。

高校の時のHRクラスが一緒だった彼女。
卒業してもとても不思議な縁があり、
今でも頻繁にお付き合いが続いている。

ひょこひょこ出かけた土曜日
二条城の前はさっすが桜並木がきれ~な春の観光地。
他府県のお車がずらぁ~り、列をなして駐車場の順番を待っている。

「京都の桜って、円山公園が一般的に有名じゃないの?」
そんな風景を横目でチラリと見ながらテクテク。

堀川通りから少し入った場所にあるこじんまりとした建物の中で
繰り広げられていた書の世界。
彼女の先生はどうやら、かな主流の方らしい。

・・( ̄  ̄;) うーん やっぱ 自分の師匠のセンスが好きだ。
なにがどう好きと言われても上手に説明はできない。
師匠のセンスが好きだから付いているのか。
付いていってるからセンスに染められたのか?
どっちだろ?

あけちゃんとあっし、同じ流派の先生に習っているはず、
我師匠もカナ中心の先生だけど、
あたしゃ漢字もレッスンしている。
日常書だって、
変体かなだって、
最近では臨書も齧りだした。
おまけに硬筆も (;´д`)トホホ
それだけ指導してもらっていても、
日常的に書く文字は・・
つまり仕事上でとるメモや連絡書にはめっちゃ我流の丸文字。

・・・・・・・師匠になんて見せられる代物じゃない。
こんなもの見せたら、きっと口から泡を吹き、白目をむいて、
卒倒されることは間違いない。
あたしゃの進歩の無さは誤魔化せないわ(;´д`)トホホ

エェー、気を取り直して。
コホンッ!(;-o-)o”教室の作品と言うものは、
やはりその師匠の味が滲み出るなぁ。
かなり勉強にはなる。
今回は皆好きな歌や詩を書きあげていた。
あけちゃんの作品は祇園精舎・・・。
普段見る彼女の文字より、やわらかい雰囲気があった。

作品の斜め前には桜のお花もさりげなく飾ってあり良い感じ。
でも 外に桜。中に入っても桜・・・ 
外の花と内の花はダブっては 駄目じゃん! 
と、お節介にも書には関係ないことを思ってしまったこちゃぺでありました。

スポンサーサイト


<<やなぎと・・ | Top | なごり雪?>>



e-46くーちゃん
日本の夜~e-15

2007/04/13 23:05 URL by こちゃぺ [ 編集] Pagetop△
上海の朝ぁ!!
2007/04/13 08:08 URL by くもり [ 編集] Pagetop△
e-46とんとん
言えてないあっしって・・・・・・・・
(≡д≡) ガーン

2007/04/12 22:56 URL by こちゃぺ [ 編集] Pagetop△
変態かな?

って言える内は、まだ変態じゃないと思ってます。
2007/04/12 00:10 URL by とんとん [ 編集] Pagetop△
ありがとうございます。












管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://kocyapen.blog41.fc2.com/tb.php/166-a314f74d
» FC2blog user only
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。